第324回岩手眼科集談会

【 更新日:2013/03/27 】

阿部 均・高野 美代・須藤 聡子・瀬川 博子・小笠原 孝祐
幼稚園・保育園健診における当院で施行している視力検査についての評価

幼稚園・保育園健診に眼科医が嘱託医として加わることになった平成15年度から、当院では担当施設において視力検査を導入・実施してきた。幼稚園・保育園健診の場合には、「お昼寝タイム」を避けるという制約があるため、短時間に且つ有効な健診方法を模索し、視力検査については視能訓練士が保育士に視力検査法を指導し、健診の前にあらかじめABCD表示で結果をまとめて頂き、健診当日には両眼C以下、あるいは左右眼で2段階以上の差がある園児についてのみ手持ち式レチノマックスRによる屈折検査を施行してきた。その抽出検査の精度を再評価する目的にて今年度は健診を担当している園児全員についてレチノマックスRによる屈折検査を行い、従来実施してきた方法との比較を試みた。
 当院における以前の研究によりレチノマックスRによる検査値は実際の屈折値より1D近視側に測定されることを踏まえ、球面度数+0.75D以上、円柱度数±2.0D以上の園児を要精査と判断した結果、その対象者は185名中20名(10.8%)であった。このうち上述した抽出方法による精度は40%であった。また、不同視性弱視、屈折性弱視が疑われた園児はそれぞれ4名(2.2%)、5名(2.7%)であった。尚、視力検査が両眼Aの園児であっても実際の屈折値では要精査と判断された園児が5名存在した。
 幼稚園・保育園健診に視力検査のみならず屈折検査を導入することは弱視の早期発見上、極めて有意義であると考えられる。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ