Y.Kさん(21歳 男性)消防士PRK

【 更新日:2014/03/15 】
術前裸眼視力 術後1ヶ月裸眼視力
R=0.09  L=0.3p R=0.7p   L=1.5p

ご住所:岩手県大船渡市

消防という仕事をしている私の身近にはコンタクトレンズの使用で困っている人がいました。水が出ないためにコンタクトレンズケースを洗浄できない。お店が閉まっているため洗浄液が無い。取り替えるレンズが無い。24時間あるいは2、3日つけたまま活動している署員もおり、少しの時間を見つけ目薬を点眼していました。衛生上は良くないと知っていても活動のため仕方がなかったと思います。 また、塵が舞っていてゴーグルを装着しなければならないのですが、メガネが邪魔で思うように活動できないというストレスもあったようです。
その点、私は視力矯正手術をしたことにより何もストレスを感じることなく活動できました。レーシック等の屈折矯正手術は消防士採用試験の規定視力をクリアーするためだけでなく、今後の救助活動に本当の必要性があるのだと思います。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ