R.Iさん(25歳 女性)会社員

【 更新日:2013/11/13 】
術前裸眼視力 術後1ヶ月裸眼視力
R=0.1  L=0.2 R=1.2   L=1.2

ご住所:岩手県盛岡市 

 手術を決めたのは視力に不安があったわけではなく、ドライアイがひどくてこのままコンタクトを使い続けることに不安があったからです。 
 手術によってものすごく見えるようになったという実感はないのですが(コンタクトで十分見えていたから)、朝起きたとき、家にいるとき、今までメガネをして いた時間に裸眼で見えることの素晴らしさを感じています。術前の説明も丁寧で安心できたし、手術日も問題なくスムーズに行われたのは、先生をはじめとするスタッフの皆様の努力のおかげであると心から感謝しております。
 ただ一つ私自身に不安がありまして、私は採血でも度々貧血を起こす(血を見るのがだめなだけで元々貧血ではありません)くらいの小心者で、自分が手術に耐えられるか不安だったのです。でもあまり想像するとダメになると思い、なにも考えないで手術に望んだのが悪かったのか、手術室に入ったら一気に緊張が高まってしまい、右眼が終わった時点で実はかなり気分が悪くなっていました。でも、周りが見えないので誰に伝えていいかもわから ず、我慢して早く終わったほうがいいと思ったのですが、左眼にマイクロケラトームが入った瞬間、かなりもどしそうでした…。ご迷惑をお掛けしてすみません。気分が悪くなるのは私だけなのでしょうか。あの時我慢しないで伝えたほうがよかったのかわかりませんが、その後普通の検査中も緊張して気分が悪くなるようになってしまったのですが…。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ