平成27年9月号(No.99)盛岡三高の文化祭での医療啓発活動について

【 更新日:2015/10/05 】

「NPO法人ホスピタ医療啓発ネットワーク」というのを皆様御存知でしょうか?小学生から老人までのいろいろな病気について医療啓発活動と公衆衛生活動を合わせて行う多数の科の医師により運営されている団体です。医療において最も重要なことは、病気を予防することと、病気についての的確な知識を身につけて頂くことであり、医療を取り巻く環境が複雑になってきた現在、この医療啓発活動の重要性は年々高まっています。

8月29日・30日に行われた盛岡三高の文化祭(三高祭)においては「NPO法人ホスピタ医療啓発ネットワーク」の活動の一環として、様々な病気についての啓発ポスター展示を行うとともに緑内障のスクリーニング検査としての視野測定ならびに高齢化社会で話題になっているロコモティブ症候群に密接に関係する骨密度測定を実施致しました。反響はきわめて大きく、来場者は土曜日105名、日曜日215名、計320名でした。この「NPO法人ホスピタ医療啓発ネットワーク」では、文化祭を利用した医療啓発活動を行い、その実施校の増加に務めておりますが、今年度は東北地方を中心に500校においてポスター展示を行う予定です。文化祭は子供たちの世代ばかりではなくその両親、そして祖父母の三世代にわたる人たちが集まるため、啓発活動を行うには絶好の機会と考えています。今年盛岡三高で展示した内容を紹介致しますと、現在、社会問題となっている危険ドラックの話題、喫煙と様々な病気、脳卒中、乳がんと子宮がん、コンタクトレンズによる眼障害、緑内障、歯周病などです。

今回の三高の文化祭における企画につきましては、校長先生の御理解を頂き、養護教諭の上野律子先生に統括をして頂きましたことをこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。当日は岩手医科大学衛生検査部の部員の皆様には骨密度測定、視野測定を実際に施行して頂き、その説明に協力して頂きました。また、盛岡三高サッカー部の皆様にもポスター展示をはじめ、今回の企画全般にわたりにお手伝いをして頂き感謝しております。今後とも医療啓発活動の一環として文化祭を活用していきたいと考えております。

危険ドラッグ乱用防止ポスター
骨密度測定 視野検査

 

皆様、補助犬について知っていますか

盛岡三高の文化祭においては前述した企画のほかに介助犬を紹介するブースを屋外に設け、実際のユーザーの方からお話を頂く場を作らせて頂きました。
補助犬には目が不自由な人の歩行をサポートする盲導犬、身体が不自由な人の暮らしをサポートする介助犬、耳が不自由な人へ音を運ぶ聴導犬の三種類があることを皆様御存知でしょうか。我が国には日本補助犬協会という指定法人があり、身体障害者補助犬法の施行を機に設立された、日本で唯一、前述した3種類の補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を育成および認定できる団体です。日本補助犬協会の主な事業内容としては、補助犬の育成および無償貸与事業、補助犬の啓発事業、補助犬認定事業、子供の情操教育事業があげられますが、その組織を支えるためには経済的な裏付けも必要です。年間約7,000万円の事業費がかかるそうです。
補助犬を応援するためのサポーター、寄付をお願い出来る方は、公益財団法人日本補助犬協会(横浜市旭区矢指町1954-1)電話:045-951-9221、FAX:045-951-9222、E-mail:japan@hojyoken.or.jpに御連絡をして頂ければ幸いです。また、当院の受付に日本補助犬協会の募金箱を設置しておりますので御協力をお願い申し上げます。
補助犬ユーザーの皆様 携帯電話をわたしているところ
落としたお金を拾っているところ

補助犬の役割

盲導犬の役割 介助犬の役割 聴導犬の役割
・道路の端を一定の速度で
・真っすぐ歩く
・交差点で止まる
・指示された方向へ進む
・段差で止まる
・障害物をよける
・ドアや椅子へ案内する
・落とした物を拾う
・指示した物を持ってくる
・ドアの開閉
・冷蔵庫から飲み物を持ってくる
・履物を脱がせる
・緊急呼出し用のヒモを引く
・メールの着信音を知らせる
・警報機の音を知らせる
・ノックの音を知らせる
・玄関チャイムの音を知らせる
・目覚まし時計の音を知らせる
・赤ちゃんの泣き声を知らせる
・キッチンタイマーの音を知らせる
・呼び鈴の音を知らせる

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ