平成26年1月号(No.98) 2013年の出来事

【 更新日:2014/04/17 】

今年取り組んだ主事業

1.駐車場増設 (5月13日~利用開始)
2.レーシック手術日が第2・第4土曜日から第2・第5土曜日に変更 (1月~)
3.開院20周年記念式典(市民公開講座) (5月18日)
4.開院20周年記念誌作成
5.第4回眼鏡について考える眼科医・眼鏡店合同研修会開催 (7月27日)
6.第4回岩手甲状腺眼症研究会 (9月28日)
7.ルセンティス硝子体内注射治療開始 (9月19日~)

高田診療所応援診察

2月3日 副院長:小野寺 毅、視能訓練士:瀬川 博子
3月31日 副院長:小野寺 毅、視能訓練士:高野 美代
7月14日 院長:小笠原 孝祐、視能訓練士:瀬川 博子

業 績

<学会発表>
1月20日 第29回岩手県学校保健・学校医大会(岩崎紀子・小笠原孝祐)
中学校におけるコンタクトレンズ利用者への保健指導
~危機意識を高めさせる指導の取り組みを通して~
2月14日 第37回角膜カンファランス・第29回角膜移植学会(小野寺毅他6名)
BUT短縮型ドライアイに対する2%レパミド点眼液の効果
7月27日 第4回眼鏡について考える眼科医・眼鏡店合同研修会(須藤聡子)
小中学生におけるメガネに関するアンケート調査結果
7月27日 第4回眼鏡について考える眼科医・眼鏡店合同研修会(小野寺毅・小笠原孝祐)
Meniena(メニィーナ)の紹介
9月8日

第13回東北屈折矯正研究会(小笠原孝祐・小野寺毅・吉田隆司・坂下香苗) 
LASIK術後の近視の戻りに対するチモロール点眼効果に関わる因子の検討

9月28日 第4回岩手甲状腺眼症研究会(小笠原孝祐)
甲状腺連携手帳について
11月9日 第337回岩手眼科集談会(小笠原孝祐・小野寺毅)
様々な眼疾患を持つ症例に対するエキシマレーザー屈折矯正手術の有用性について
<論文発表>
  新東西南北-都道府県眼科医会からのエッセイ
東日本大震災で経験した眼科有床診療所の必要性
日本の眼科84(1):96-97, 2013.(小笠原孝祐)
<講演活動>
1月24日 平成24年度身体障がい者補装具関係職員研修会(小笠原孝祐)
眼科疾患と眼鏡等補装具について ~ロービジョンケアの実際~
7月11日 日本アルコン社内講演会(小笠原孝祐)
緑内障の点眼治療には角膜への副作用に注意が必要
<その他>
  BUT短縮型ドライアイに対する2%レパミド点眼液の効果(小野寺毅)
角膜カンファランス2013記録集(2013年8月)

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ