オルソケラトロジー処方の流れ

【 更新日:2013/04/18 】

oruso03

オルソケラトロジー治療を開始するにあたって

オルソケラトロジーレンズは特殊な構造をしています。そのため使い方を守らなかったり、レンズケアを怠ったり、受診指定日のキャンセルなどで治療が計画通りに行なわれないと、本人が気付かないまま角膜障害を放置する危険性があります。定期検査は治療後の視力検査や角膜の状態を知り、合併症の早期発見のためにも非常に重要ですので、必ず受診して下さい。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ