第306回岩手眼科集談会での院長発表

【 更新日:2005/01/25 】

平成17年1月22日(土) 第306回岩手眼科集談会で小笠原院長が『LASIK術後患者とエンハンスメント(LASIK追加手術)施行症例における角膜知覚の変動についての検討』と題し発表しました。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ