カスタムレーシック

【 更新日:2013/03/17 】

眼には通常の乱視以外にも高次収差と呼ばれる光学的な歪(ゆが)みがあり、各個人毎に異なります。従来のレーシックは、近視・遠視(球面レンズ)と乱視(円柱レンズ)を矯正するだけでした。これはメガネと同じように球面レンズと円柱レンズの組み合わせだけを矯正します。
通常の近視・遠視・乱視はこの方法で良好な視力を得ることができますが、手術によってある程度の高次収差が増加します。カスタムレーシックはこの高次収 差を測定し、収差の増加を抑えることができます。また、手術前に収差が大きかった眼では収差を維持または減少する可能性もあります。

※元々人間の眼は遠くのもの、近くのもの、明るい場所、暗い場所など様々な条件でピントが合いやすくなる ように精巧にバランスがとられており、高次収差はゼロではありません。そのため、収差を完全にとってしまうとそのバランスが崩れ、かえってぼやけを感じる 場合があります。

ウェーブフロントレーシック(OPD-CAT)

眼の全体的な高次収差を測定し、照射により高次収差を補正・低減させます。

トポリンクレーシック(CATz)

角膜の形状を測定し、眼全体の収差の大きな原因となりうる角膜の不正を補正し、その角膜の形にそった照射パターンでレーザーを照射します。特に角膜に非対称性乱視や不正乱視がある方や、エキシマレーザー屈折矯正手術による照射ずれの矯正に適しています。

適 応

非対称乱視や不正乱視がある角膜や眼内に歪みがある眼は、通常のレーシックでは不正な部分や歪みがそのまま残ったり、増大してしまうことがあります。通常のレーシック手術が可能な方はカスタムレーシックの適応となりますが、特に次のような方にはお勧めします。

 ●手術前の収差が大きい眼
 ●暗い所での瞳孔の大きい眼
 ●角膜乱視の非対称性や不正が大きい眼
 ●夜間に運転や仕事をする機会の多い方

taisyou

対称な角膜乱視

 

hitaisyou

非対称な角膜乱視

 

syuusachiisai

高次収差が小さい眼

syuusaookii

高次収差が大きい眼

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ