レーシックについて

【 更新日:2013/03/19 】

レーシック(LASIK :Laser In Situ Keratomileusis )とは、フェムトセカンドレーザー又はマイクロケラトームを用いてフラップを作成し、角膜に「エキシマレーザー」を照射することで角膜のカーブを整えて屈折力を変化させ、近視・遠視・乱視を治し、視力を回復させる屈折手術のことをいいます。

H27.12LASIK手術方法

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

TOPへ